結婚相談所の役割はさらに大きく
未婚化により、ご縁をつなぐ
環境が求められています

未婚率の上昇と結婚相談事業の成長性

未婚率の推移

男性の未婚率のグラフ
女性の未婚率のグラフ
資料:総務省「国勢調査」  注:1960〜1970年は沖縄を含まない  出典:内閣府

年々未婚率は上昇しており、30~34歳の男性では約2人に1人が未婚
女性では約3人に1人が未婚という状況です。未婚率の上昇に伴い、結婚相談所のようなご縁をつなぐ仕事が必要とされています。

未婚者の生涯の結婚意思

男性の結婚意思グラフ
女性の結婚意思グラフ

「いずれは結婚するつもり」が
約9割!
結婚に対する意識は
昔も今も同じ

資料:調査別にみた、未婚者の生涯の結婚意思(2015年)
 注:対象は18〜34歳の未婚者
出典:国立社会保障・人口問題研究所

未婚化が進む理由のひとつは、
「出会いがない」こと

独身のままの理由

男性の独身の理由グラフ
女性の独身の理由グラフ
資料:各理由を選択した未婚者の割合  
注:対象は25〜34歳の未婚者(2015年)  
出典:国立社会保障・人口問題研究所

交際相手がいない未婚者の割合

男性で交際相手をもたない未婚者のグラフ
女性で交際相手をもたない未婚者のグラフ

「交際相手をもたない」が
男性7割、
女性6割

高い割合になります。

資料:異性の交際相手(婚約者、異性の恋人、異性の友人)を
   もたない未婚者の割合(2015年)
注:対象は18〜34歳の未婚者
出典:国立社会保障・人口問題研究所

18〜34歳までの未婚者が結婚せず、独身にとどまっている理由として高いのが「出会いがない」からです。
また、交際相手のいない未婚者の割合は年々上昇傾向にあり、交際している異性はいないと回答した男性の割合が約7割、女性では約6割にのぼります。

だからこそ、出会いの場を作り、
交際
から結婚へとサポートする
結婚相談所が求められています!

【事実】婚活サービス・特に
結婚相談所をきっかけに
結婚する人が
増えています

婚活サービスによって結婚した人の割合

婚活サービスを利用して結婚した人の割合グラフ
注:婚活サービス:結婚相談所、ネット系婚活サービス、婚活パーティ・イベントの3サービス
注:婚活サービス(3サービス)のいずれかを利用し、そのサービスで「結婚できた」と回答した人の割合 注:既婚者:初婚者および再婚者も含む
出典:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ「婚活実態捜査2019」より

婚活サービスによって結婚した人の割合は年々増加しています。結婚相談所を利用した結婚は増加傾向にあり、婚活サービスを利用して結婚した人のうち、結婚相談所で出会い、結婚した人の割合は25%もあります。さらに利用者が増加すると予想しています。出会いの場を提供する結婚相談所は今後も需要があります。

再婚ニーズ・熟年結婚ニーズも
高まっています。

再婚ニーズ・熟年結婚ニーズも高まっています。

再婚率の推移

再婚率の推移のグラフ
出典:厚生労働省
「平成28年度人口動態統計特殊報告(婚姻に関する統計)」の概況」より